自宅でお茶気分にようこそ!
自宅で抹茶を挽いて、おいしいお茶でお菓子を作ろう!安くておいしいお菓子レシピ!
ほーむ
 
 
分福茶釜
分福茶釜(中には抹茶味の大福が入ってます。)
【抹茶ケーキのレシピ】
バター 130g 上白糖 130g 強力粉 20g
卵 M3個 薄力粉 100g 抹茶 大1強
ベーキングパウダー 小1 抹茶(ふりかけ用) 適量  
【抹茶カスタードのレシピ】
卵黄 2個分 グラニュー糖 40g 抹茶 小1〜2
薄力粉 10g 牛乳 200cc コーンスターチ 5g
【抹茶餅のレシピ】
白玉粉 50g 上白糖 100g 抹茶カスタード 適宜(上記)
水 100cc    
使用する道具類 下準備
ドーム(ズコット)型16cm/デジタルキッチンスケール/ケーキ用ボール/粉ふるい/泡立て器/ゴムベラ/軽量スプーン/丸ごと緑茶/耐熱ボール/ バターを室温に30分ほど置き、柔らかくしておく。
卵も同じように室内に30分置く。
薄力粉、強力粉、抹茶、ベーキングパウダーは合わせて、2回以上ふるっておく。
型に薄くバターを塗り、強力粉をふって余分な粉を落としておく。
型の準備が済んだら、使うまで冷蔵庫へ入れておく。
計量が済んだら、オーブンを180度に温め始める。
作り方:蓋を作る
  1. 焼く前にナイロンコート製の柔らかい針金を細工して、フタを作っておく。
  2. 針金を適当な長さに切り、両端を何cmか残して、中央にぐるぐる巻きの円を作る。
  3. 両端を円の中央に持って来て、中央で交差させて結び、ねじりながら上に伸ばす。
  4. これがケーキのフタを固定する飾りとなる。
  5. 針金を加工する
    こちらはグルグル巻きではなく、プロペラ形?にした物。
作り方:抹茶入りバターケーキを作る
  1. ボールにバターを入れ、ゴムベラで柔らかくなるまで練る。
  2. 砂糖を加え、泡立て器で白っぽくふわふわとしてくるまですり混ぜる。
  3. 最初は黄色っぽいですが、混ぜ続けるうちに卵のようにふわふわとしてきて、分量も倍くらいになります。
  4. 別のボールに卵を溶きほぐし、少しずつバターのボールに加えていく。
  5. 一気に加えると分離する恐れがあります。少しずつ加えながら、その都度良く混ぜて下さい。もし分離してしまったら、分量の粉を少し加えると落ち着きます。
  6. ふるっておいた粉類の半量を加え、ゴムベラでさっくりと練らないように混ぜる。
  7. 残りの粉類を一気に加え、またさっくりと練らないように混ぜる。
  8. 型に生地をすくい入れ、へらなどで表面を平らにならす。
  9. 中央にへらで十字に浅い切り込みを入れ、オーブンに入れる。
  10. 180度のオーブンで、40〜45分程焼く。
  11. 中央に竹串をさしてみて、生地が付いてこないようなら焼き上がり。
  12. ドーム型は中央に火が通りにくいようなので、焼き具合を確かめる時は中央に刺して調べて下さい。
  13. 焼きあがったらすぐに型から取り外し、ケーキクーラーの上で冷ます。
  14. 上に大き目のボールをかぶせ、そのまま完全に冷めるのを待っておく。
抹茶カスタードクリームを作る
  1. 薄力粉とコーンスターチ、抹茶を一緒にふるっておく。
  2. 平たい鍋に牛乳を入れ、中火にかけて沸騰寸前まで温める。
  3. この間に、ボールに卵黄と砂糖を入れ、白っぽくもったりとするまで泡立てる。
  4. ふるっておいた粉類を加え、泡立て器でなじむまで良く混ぜる。
  5. 沸いた牛乳を少しずつボールに加え、半量だけ残して良く混ぜる。
  6. 半量が残っている鍋にボールの中身を戻しいれ、中火にかける。
  7. 焦げないように気をつけ、泡立て器でかき混ぜながら火を通す。
  8. もったりとしてきてクリーム状になり、底の方からプクッと泡が立ったら火を止める。
  9. ボールにもう一度戻し入れ、泡立て器ですくうと、とろ〜と落ちるくらいまで泡立てる。
  10. すぐに平たいバットなどに移し、粗熱が取れるまで室温で冷ます。
  11. 触っても熱くない程度に冷めたら、冷蔵庫に入れて冷やしておく。
抹茶クリーム入りの餅を作る
  1. 耐熱ボールに白玉粉を入れ、水を少しずつ加えながら、その都度良くかき混ぜる。
  2. ダマが出来ないように少しずつ水を加えて、しっかり混ぜて下さい。ここでダマが出来てしまうと餅の表面がぶつぶつになります。
  3. 全体がなめらかになったら、砂糖を一気に加えてさらに良く混ぜる。
  4. ゴムベラを持ち上げてみて、しっかりととろみが付いたらレンジへ入れる。
  5. 耐熱ボールにフタをせずに、レンジで1分30秒程加熱する。
  6. 加熱が終わったらすぐに取り出し、もう一度ゴムベラで良く混ぜてからレンジへ入れる。
  7. 今度は3分30秒程加熱し、再び取り出してゴムベラで練るように混ぜる。
  8. 全体が半透明でピカピカし、餅のようなこしが出たら混ぜるのを止める。
  9. 間髪いれず、中身を全部バットに広げた小麦粉かきな粉の上に乗せる。
  10. 熱いうちに、向こう側の両端を持って手前に折りたたむ。
  11. 熱いうちに必ずやってください。また折りたたむ時に中に粉が入らないように注意して下さい。
  12. 手で触れるくらいに餅が冷めたら、親指よりちょっと大き目のサイズに切り取って丸める。
  13. 全て丸め終わったら、1つを手に取って円形に広げる。
  14. 良く冷えた抹茶カスタードをスプーンで少量すくい、円の中央に乗せる。
  15. 中央を沈めるようにしながら、周りを上に持ち上げるようにして中央に寄せる。
  16. 中央部分をくいっと指でつまみ、ふたをする。
  17. くっつかないように、粉をふるった皿の上に置いておく。
茶釜を作る
  1. 完全に冷めたケーキの上部分を、細工した針金の長さ(高さ)に合わせて切り取る。
  2. 切り取った部分は捨てないで下さい。これがフタになります。
  3. 作っておいた針金を、切り取ったフタ用ケーキの中央に、裏からまっすぐ上にさす。
  4. ちょうど針金の伸びた部分がつまみになります。円形に針金を細工することによって、フタがグラグラとせずに済みます。
  5. 下部分のケーキの外周を2pくらい残して、円くナイフで切り込みを入れる。
  6. あまり下まで切り込みを入れすぎると、突き抜けた部分が穴になってしまいます。ケーキの高さを見ながら慎重に切り込みを入れて下さい。
  7. 切込みを入れた縁に沿って、スプーンなどで中身をくり抜く。
  8. 切込みを入れると、スプーンですくってもキレイに中身が取り出せます。くり抜いたケーキは残ったカスタードを付けたりして食べて下さい。
  9. くり抜いたら、ケーキにフタを取り付け、表面に抹茶カスタードを薄く刷毛で塗る。
  10. 抹茶がケーキにくっつくように塗りましたが、別に塗らなくても普通にふりかけるだけでもOKです。クリームを塗る場合は、抹茶が溶けてしまうので、塗った後すぐに食べるようにして下さい。
  11. 網などの上にケーキを移し、上から茶こしなどで抹茶をふりかける。
  12. 完成!!
 
茶釜用イラスト
茶釜用イラスト
Copyright (C) 2008 自宅でお茶気分♪ All Rights Reserved.